ホルモンバランスを整える

女性のホルモンバランスが与える影響

ホルモンバランスは健康にとって非常に大きな役割を持っており、ホルモンバランスの乱れは様々な弊害を引き起こします。特に女性にとって、ホルモンバランスを保つことは非常に重要と言えます。では女性の持つホルモンバランスとはどんな働きをするのでしょうか。

 

女性は月経になるまでをひとつのサイクルとして、2種類のホルモンが分泌されます。ひとつは「エストロゲン」と呼ばれるホルモンで、月経を経て排卵が起こるまでの期間に分泌されます。もうひとつは「プロゲステロン」と言い、排卵後に次の月経がはじまるときまでに分泌されます。この2種類のホルモンが繰り返し分泌され続けることで、女性の身体は健康状態を保っていられると言えるでしょう。

エストロゲンとプロゲステロン

「エストロゲン」と「プロゲステロン」2種類のホルモンは女性の健康状態を保つために大きな役割を担っています。2種類のホルモンの分泌される周期が不安定になったり、分泌量が増減したりすると、女性の健康状態に悪影響が及ばされてしまう可能性があるので注意が必要です。生理の痛みやPMS イライラ、頭痛、腹痛、不眠などを引き起こします。

 

また、「エストロゲン」と「プロゲステロン」は、女性らしさを維持するという重要な役割を持っています。そのため、女性本来の美しさを保つためには、この2種類のホルモンが常に正常な働きをしている必要があると言えるでしょう。

 

このように、ホルモンの働きは目には見えませんが、ホルモンバランスは女性にとって非常に大切なものと言えます。健やかに女性らしく生活を送るために、一度ホルモンバランスを見直してみてはいかがでしょうか。

ホルモンバランスを整えることは美肌への近道

ホルモンバランス 肌荒れ

女性は不規則な生活をして環境や生活リズムが変わることで、からだと心にストレスがたまります。そこで、生理前やダイエット、食事のとり方によってすぐに肌荒れの原因につながってしまいます。

 

肌のトラブルでニキビができてしまうなど、悩む人はたくさんいます。ニキビというのは思春期に出来るものと思いがちですが、肌荒れに悩まされたり、冬の乾燥している肌でもニキビができたり、大人ニキビにも困っている人が多いです。

 

人間の肌は生まれ変わるサイクルを繰り返して新しい肌を再生しています。そのサイクルが崩れると皮脂の異常発生で余分な皮脂がたまります。皮脂がたまることによって炎症をおこしてしまいニキビになるのです。

 

大人ニキビ思春期の時に出来るニキビとは違い、皮脂や古くなった角質毛穴に詰まり、菌の影響で炎症してしまうものです。一度治っても、同じところに出来るなどとても治りにくいと言われています。ホルモンバランスの乱れは美肌を目指す女性にとって大敵なのです。