ホルモンバランス 更年期障害

ホルモンバランスの乱れと更年期障害

年齢を重ねることであらわれる症状のひとつに、更年期障害があります。症状の出方や程度には個人差がありますが、症状が重い方だと、普段の生活にも支障をきたすこともあります。更年期障害の症状は様々ですが、異常発汗や動悸、めまいやのぼせなどが主な症状と言えるでしょう。誰もが悩む更年期障害。この更年期障害はどのようなことが原因で起こるのでしょうか?

 

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は中年期にさしかかると、分泌量が大幅に減っていきます。その影響で、体内のホルモンバランスは大きく乱れてしまいます。ですが、脳からは変わらずエストロゲンの分泌を促す指令が出されています。そのため、身体が脳からの指令に対応できずに、身体に不具合が生じてしまうのです。この一連の流れが更年期障害の原因と考えられています。

 

このように更年期障害とホルモンバランスの乱れは密接に関係しています。ホルモンバランスの乱れによって、身体に生じたトラブルは精神面にも大きな打撃を与えます。精神的なストレスが高まってしまうと、うつなどの精神的なトラブルに発展してしまうケースもあるので、十分な注意が必要です。

 

ただし、更年期障害で見られる症状は、他の病気によるものである可能性も十分考えられます。更年期障害かどうかの判断は専門医でないと難しいので、早めに病院に行くことをおすすめします。ホルモンバランスの検査は簡単にできるので、少しでも疑いがある方は早めに調べてみるといいでしょう。