生理不順

ホルモンバランスの乱れによる生理不順

正常な生理を迎えることは女性にとって非常に大切なことです。ところが、最近では正常なサイクルで生理を迎えることができない女性が少なくありません。多くの女性が悩んでいるのがこの「生理不順」という現象なのです。そして、生理不順にはホルモンバランスの乱れと深い関係があると言われています。

 

生理は一定のサイクルにのっとって定期的に発生します。生理が正常に発生するのは、プロゲステロンとエストロゲンという2種類のホルモンが正常に分泌されているからと言われています。卵巣の内部では卵胞が育成されます。その育成期に分泌されるのがエストロゲンです。

 

そして、育った卵胞が排卵された状態になるとプロゲステロンの分泌がスタートします。排卵後に受精が行われないと、育成された黄体は体外に出されます。それが毎月の生理という形で起きるのです。

 

つまり、プロゲステロンとエストロゲンのホルモンバランスが崩れると、排卵自体が行われなくなってしまうのです。排卵がないと生理ははじまらないので、結果的に生理不順が起きてしまいます。

 

正常に生理を迎えるにはプロゲステロンとエストロゲンの二つのホルモンが重要な役割を担っていると言えるでしょう。生理不順を改善するには、エストロゲンの分泌をうながし、ホルモンバランスを整える治療が効果的です。生理不順で悩んでいる方は、病院で治療を受けることをおすすめします。ホルモンバランスを整えて、正常なサイクルで生理を迎えるようにしましょう。