ホルモンバランス 生理痛

ホルモンバランスと生理痛の関係

生理につきものな生理痛。お腹の鈍痛はもちろん、腰痛や頭痛、症状がひどいと貧血になってしまう方もいます。生理は毎月くるものなので、できるだけ苦痛を感じないようにしたいものです。

 

ホルモンバランス 生理痛

生理痛には様々な要因が考えられます。中には病気などの身体のトラブルが原因の場合もあるので、たかが生理痛と放っておくと悪化してしまうケースもあります。また、生理痛の原因としてよくあるのが、ホルモンバランスの乱れです。

 

女性の体内ではプロゲステロンとエストロゲンという二種類のホルモンが分泌されています。プロゲステロンとエストロゲンは、正常な状態ではそれぞれは決まった量を分泌します

 

エストロゲンには、皮下脂肪を増やしたりコラーゲンを生成する働きを助けたりする作用で肌にハリと弾力が出ます。美肌になるには大切なのですが、なんらかの原因でエストロゲンの分泌量が増える場合があり、そこで生理痛が生じてしまうと言われているのです。

プロスタグランジンと痛みについて

また、プロスタグランジンは生理中に子宮を収縮させる働きをするホルモンです。プロスタグランジンは子宮を収縮させる際に、炎症や痛みを発生させることがあります。そのため、プロスタグランジン自体には痛みの要素はありませんが、痛みを感じやすくさせるため分泌量が増加すると、その分痛みが強くなってしまうのです。

 

プロスタグランジンの分泌量が増えてしまう理由としては、血行不良が考えられます。身体が冷えるとホルモンバランスが崩れ、プロスタグランジンが異常に分泌されてしまいます。それを防ぐには、身体をあたためるよう心がけることが大切です。

 

生理痛と深い関係にあるホルモンバランス。ホルモンバランスを正常に整え、毎月の生理による苦痛をできるだけ緩和できるようにするといいでしょう。